ミュゼプラチナムでは未成年の場合、脱毛は何歳からできるのか?同意書の書き方は?支払い方法(分割可否)は?について紹介します!

ミュゼプラチナムで未成年が脱毛する際のポイント!何歳から脱毛できるか、中学生が通えるプラン、親権者同意書、分割払い方法、学割・TEENS割など解説!


ミュゼプラチナム女性専用脱毛サロンです。

 

医療レーザー脱毛と違って、美肌ジェルを使いながら脱毛するので、
綺麗な肌になりたいと思って脱毛したいと考えている多くの女性に選ばれています。

 

そんなミュゼでは、何歳から脱毛できるかというと…、
何歳からでも脱毛することができます。
(生理が順調に来ているのなら、中学生でもOK!)

 

ここでは、そんなミュゼで脱毛を考えている未成年に必要なことを整理しました!
興味のある部分からご覧下さい!

 

 

 

未成年がミュゼプラチナムの脱毛の知っとくべきこと3点!


未成年ミュゼで脱毛をすることを考えている場合、
知っとくべきことは次の3つです。

1.未成年のみで契約する場合には親権者同意書が必要!
(※カウンセリングは未成年のみでも同意書なしでOKです。)

 

2.契約時に親が同席できる場合は、同意書はなくてOK!
(※ミュゼは女性専用サロンなので同席できるのは母親のみです。)

 

3.未成年のみで契約する場合には親に電話で確認される!
(※電話が繋がらない場合は契約できません。)

 

未成年がミュゼで契約する場合は、親権者同意書が必要です。

同意書
(※契約時に親も同席してもらえる場合は同意書はなくてもOKです。)

 

 

ミュゼの無料カウンセリング予約はコチラ。

ミュゼプラチナム無料カウンセリング予約

 

※ミュゼの無料カウンセリングは手ぶらでOK!(同意書なしでもOK!)
なので、興味があるのなら気軽に話だけ聞きに行くのもありです

 

 

 

さらにこれから、各ポイントを詳しく説明していきたいと思います!

 

未成年のミュゼプラチナムのカウンセリング・契約のポイント!【親への電話確認内容は?】


ミュゼで未成年が、カウンセリングを受ける場合、契約する場合のポイントについて整理しましょう。

 

未成年のミュゼでのカウンセリング
  • 事前予約が必要。
  • 持ち物は特になし
  • 未成年だけでもOK、親の同席があってもOK。(※父親は入店NG)
  • カウンセリング内容は、肌状態のチェック(日焼けや肌荒れ状態など)や脱毛の原理・注意点、ミュゼのプランや支払い方法など。

 

未成年のミュゼでの契約
  • 事前予約が必要。(※カウンセリング当日に契約する場合は、カウンセリング予約だけでOK。)
  • 持ち物として、身分証明書、現金またはクレジットカードが必要。
  • 未成年だけでもOKだし、親の同席があってもOK。(※父親は入店NG)
  • 未成年のみで契約する場合は、親権者同意書も必要。さらに、その場で親に電話で同意書の内容を確認される。
  • 支払い方法は、現金かクレジットカードか信販(ローン)。

 

 

カウンセリング当日に契約することも考えている場合は、契約に必要な持ち物も忘れないようにしましょう。
(カウンセリングだけ受ける場合は、その場で同意書の紙をもらえるので、持ち帰って親に記入してもらいましょう。)

 

 

未成年のミュゼプラチナムの同意書の書き方のポイント!【自分で書くとバレる?】


ミュゼでの親権者同意書(承諾書)を書くときのポイントを確認しましょう!

 

ポイントは次の2つです。

  • 親に記入してもらう!(自分で書かない)
  • コース名までは書かなくてもOK!
  • プリンターがないなら手書きでもOK!

 

ミュゼの同意書は、親に記入してもらう!(自分で書かない)

 

同意書は、親権者に書いてもらう必要があります。

 

親権者とは、“自分の親権を持っている人”です。
よって、成人している親族(姉、叔父叔母、祖父母)に書いてもらうのはNGです。

 

また、もちろん自分で書くのもNGです。

 

ミュゼでは、契約時に同意書の内容を親に電話で確認しているので、親に内緒で自分で書いても、バレてしまうので注意して下さい。

 

 

ミュゼの同意書は、コース名までは書かなくてもOK!

 

ミュゼの親権者同意書には、受けたいコース(プラン名、部位名)まで書かなくてもOKです。

 

同意書には、コース名の記入欄がありますが、その欄は記入しなくても、料金の記入欄を埋めておけばOKです。

 

 

 

ミュゼの同意書は、プリンターがないなら手書きでもOK!

 

同意書はネットでダウンロードできますが、
これを印刷する方法(プリンター)がない場合もあるでしょう。

 

その場合は、コンビニ印刷を使うか、手書きで作る方法があります。

 

コンビニ印刷は、スマホデータを印刷できるサービスです。

 

セブン

 

ローソン・ファミマ

 

 

手書きの場合は、親権者同意書の内容を、紙に丸写しする方法です。

 

紙は白紙であればルーズリーフでもOKです。

 

(※ただし、署名の欄(氏名や住所など)は、親に記入してもらうようにしてください。)

 

 

未成年のミュゼプラチナムの料金・支払いのポイント!【学割・分割・解約条件】


ミュゼ未成年が受けられる割引や、選べる支払い方法、解約条件についても確認しておきましょう!

 

ミュゼの学割の内容は?


ミュゼには学割はありませんが、その代わりにTEENS割があります。

 

これは、施術4回以上の各プランが20%割引で受けられるキャンペーンです。

 

学生(高校生以下)ならTEENS割は受けるのがお得と言えます。

 

高校生以下であることを証明できるように、契約時には学生証は忘れずに持参するようにしましょう!

 

 

ミュゼで未成年が分割払いにする方法は?

 

未成年がミュゼで分割払いにするには、クレジットカード払いにするか、信販(ローン)にするかの2択です。

 

クレジットカードがない場合は、親名義のクレジットカードを使うこともできます。
ただし、その場合は親のサインが要るので、契約時に同席してもらうことが必要になります。

 

また、信販(ローン)という方法もあります。
これは、ミュゼからお金を借りて分割払いにする方法です。
ただし、これには審査があります。
定期収入があるのなら概ね通りますが(フリーターであっても)、高校生以下になると難しいかもしれません。

 

 

よって、未成年がミュゼの脱毛費用を分割にしたいなら、
(現金一括払いができないプランを選ぶ場合は、)
親に同席をお願いしてクレジットカード払いにしてもらう方法がベストと言えます。

 

 

ミュゼの途中解約の方法や条件は?

 

ミュゼの脱毛を契約した後に、途中で解約することができます。
そして、その場合は返金制度があるので、お金を返してもらうことができます。

 

よって、もし途中でミュゼの脱毛に通えなくなったとしても、損することはないので安心です。

 

返金額は、支払った金額から、すでに消化した脱毛回数分を差し引いた額になります。
(返金額)=(支払った金額)―(消化した回数分の費用)

 

(※ただし、脱毛回数が残っていても、最後の施術から1年以上経過していると、解約しても返金対象にならないので注意して下さい!)

 

多くの脱毛サロンでは、解約時に違約金(解約金)として最大2万円徴収しているところが多いので、ミュゼはかなり良心的と言えるでしょう。

 

 

 

 

※今ならミュゼでは脇脱毛完了コース(通い放題)が100円の激安キャンペーン実施中です!!

ミュゼプラチナム無料カウンセリング予約

 

 

 

 

『Written by chicago express hockey